オリンピックはやらないが、それをハッキリ言わない理由がある

みなさん、こんにちは。

オリンピックが、やるかやらないかハッキリしないのはなぜかわかりますか?

それは支配層が損をしないように準備をしているのです。
オリンピックはやらない…しかし「やらない」ということを表明するといろいろな動きが発生します。
厳密にいうと、損を回収する算段がまだ終わらないのです。
あそこの株を売って、ここの株を買って、あそこを裏切ることになるからこっちに逃げ道を用意して、とか、いろいろ考えています。
その間「やるのか、やらないのか」をハラハラしながら見守っているのは何も知らない民衆だけです。(選手や、取引先、影響を受ける業界など)

かくれんぼ、という遊びがありますね。
鬼が10秒数えて「もーいーかい」と問いかけます。
みんな、鬼に見つからない場所を見つけて準備するまで「まーだだよ」と言います。
そして準備ができたら「もーいーよ」と答えます。
それと同じです。
鬼から隠れる準備中です。

みんなは鬼が来るか来ないのかわからないので、隠れられない。「鬼が来るよ〜」という情報は、一部にしか開示されないのです。

この手段は何度も使われてきました。

例えば、戦争が起こるとき、恐慌が起こるとき、大きな会社が潰れるときや、災害など…事前に情報があって、そこで最終的に勝ち逃げするということがいつも行われてきました。
そのほとんどはデキレースです。それらはゲームマスターにだけ許された「合法的な犯罪」だと彼らは思っています。

彼らはこのゲームを愛していますので、取り上げることはできません。
しかし、彼らがゲームを続行できなくなる方法があります。

それはゲームに必要な駒に足が生えて散り散りに逃げ出すことなのです。
コマがなければゲームはできないのです。

大きなものに、依存し、そこに阿ることをやめていけばいいのです。
戦争や災害、国家の祭典?などの「ビックプロジェクト」が起こることを必要としている限り、人は駒になってしまいます。
下請けの下請けの…というピラミッドが型になっているのです。
今回のことで言えば、コロナが流行って大儲けしている会社もあるのです。
そして、そのおこぼれにあずかれないと死ぬ、というようなモデルは危険なのです。

例えば、みんながこぞってマスクを買うでしょう?
そこでピラミッドの上流が(本当のトップではなく中ボスくらいの)「不織布マスクじゃない効果がない!」とプロパガンダを行います。
実際の科学的検証については今回は別の話です。(しかしもし本当にそうだとしたら、マスクについては以前から存在していたのに今更つい最近になってどうしてそんな研究を大々的に発表するのでしょうか…?)
そうすると、他の材質のマスクを作っていた会社はどうなりますか?
そして不織布のマスクを作っていた会社はどうなるでしょうか。
もし、このニュースが出る前にどちらかの株を買うことが出来るなら、みなさんはどちらを選びますか?

馬鹿馬鹿しい話なのです。

「感染したくない、感染させたくない」という気持ちはわかります。
しかしその気持ちは慈悲に基づくものでしょうか?
それとも恐怖や不安に基づくものでしょうか?
出している波動が重要ですし、後者の波動に誘導されないように常に気をつけていないといけないのです。
でないと、人々は駒になってしまうからです。
簡単にコントロールされてしまうからです。

馬鹿馬鹿しいお遊びに付き合ってあげる必要はありません。
オリンピックがやらなくなっても(やっても)、コロナが収束しなくても(収束しても)、みなさんはそんなこととは関係のない世界で幸せに豊かに暮らせます。

ありがとうございました。


よかったら下の❤️ボタンを押していただけると励みになります。
ブログへのコメントは通信箱へどうぞ。

Author

エネルギー治療者、ヒーラー&カウンセラーのみくです。大磯町のサロンにて、個人セッションを提供しています。read more