あらゆるレイヤーで始まる情報開示。ショックを与える真実に対しての乗り越え方

みなさんこんにちは。

私がこれまで、そして今後に語ることを聞いて、ショックや混乱を感じる人がいます。(どのポイントかは個人差があります。)
結論から言うと、それは正常な反応ですし、むしろそれは「気づいてしまった」ということの表明です。
だからこそ、受け入れたくない、とショック状態になります。

真実を知ったとき、人は「それが真実だ」と理解するのです。
頭(理性)より先に、理解が訪れます。
なので、逆にそれをお伝えする私は「これこそ真実です!」と言い張る必要がないのです。

逆に「理解」が訪れないものは真実ではないので、気にならないでしょう。

しかし、もし「理解」が訪れた時に、ある人がなぜショックを受けるのかと言うと、それがこれまでの頭の理解、理性の理解と、激しい矛盾に合うからです。

人間は波動を発し、その波動を自らの意思でコントロールすることで、現実を創造できる特別な存在です。

重要なのは「何をするか」「何を言うか」ではなく、「どんな波動を発するか」ということです。

そして、発した波動が、後に現実を創造します。
このことは、スピリチュアルとは関係ない「現実」です。
(スピリチュアルが嫌いな人でも、知らない人でも、どんな人でも、必ずこの現実を生きています)

ではなぜ、私は「現実」について、チャネリングなどという特殊な方法でみなさんにこれを伝えているのでしょうか?

それはその情報が、禁書だからです。

【禁書】時の権力を代表する政府、あるいは宗教的・イデオロギー的な権威によってある書物の出版や販売を禁止する行為あるいは禁止された書物である。

Wikipedia

つまりこの事実とは矛盾する内容がみなさんには教えられているということです。

例えば「現実に対処していくのが生きるということ」だと教えられています。
これは全くの真逆です。
現実とは収穫であって、その前に、必ず種を撒いています。
時の権力は、みなさんに撒かせたい「種」がすでにあるのです。
そのことに対して「自由意志」は邪魔なのです。

しかし、波動と現実のカラクリは、いたってシンプルです。

このことを知ってしまえば、望まない現実をバロメーターにして自らの波動を調整することができるようになります。

しかし、そのことを実感すると同時に、悔しさ、怒り、憤りなど様々な感情が湧いてくるのです。
それは今までの扱いが、あまりにも、言葉にするのもおぞましいほどの、人権侵害だからです。
そのことにショックを受けるのは、当然のことだと思います。

私がお伝えしたいのは、どうかそのショックを怖がらないでください。

わかってしまえば、そして実践してしまえば、最初はその真実があなたを打ちのめすような感覚がするかもしれませんが、やがてそれが当たり前になります。

ショックに挫けずに真実に従っていただければ、当たり前になる日は必ず(そしてすぐに)訪れることを、お約束します。

どうしてこんなことをお伝えしているのかというと、これから情報開示が増加するからです。
あらゆるレイヤーで、真実の開示が始まっています。

それと同時に、ショックを受ける人や、混乱する人がたくさん発生するでしょう。
その時に、落ち着いてその人たちを励ますことができるのは、この悔しさを乗り越えた人たちなのです。

どうか多くの方に光がもたらされますように。
まずはあなたが、人間という存在の偉大さを実感してください。
自由意志による、現実創造によって。

ありがとうございました。


よかったら下の❤️ボタンを押していただけると励みになります。
ブログへのコメントは通信箱へどうぞ。

Author

エネルギー治療者、ヒーラー&カウンセラーのみくです。大磯町のサロンにて、個人セッションを提供しています。read more