なんだか最近時間の流れが変なんです

なんだか最近時間の流れや記憶が変なんです。
波動のことを知ってから、少し前のことがすごく昔に感じられたり、過去の不幸だと思っていた頃をリアルに思い出して急に「幸福だった」と思ったりすることもあります。
かといって1日1日は長くて24時間が30時間くらいに感じられたり、まだ3日しか経ってないのか…とびっくりすることもあります。
時間の流れが濃いのやら薄いのやら、もうよくわからなくて、こんな感覚になったことがないのでいいことなのか悪いことなのか、困っています。
深く考えない方がいいのか、時間のことは考えずに生きていればいいんでしょうか?

こんにちは、ご質問をありがとうございます。

いわゆる「混沌」の状態ですね。
波動領域が変わったことにより、情報処理に時間をかけているのだと思います。

波動のことを実践しているとよくある現象です。
時間の感じ方がまるで違ったものになってしまうのです。

なので悪いものではないです。
しかし、みなさんは一般的に、波動領域の移行には慣れていません。
だから、感覚の違いに違和感をとても感じるのだと思います。

まぁ高次元に近づくと、大袈裟な表現を使うとタイムトラベルをしながら生きることになるんです。

それまでは「時間」というカッチリした枠組みがみなさんの中にあり、それは揺るがないもので、それに合わせて生きているから「一定の時間の流れ」の中で生きているような体感になるんです。
しかし波動が高くなってくると「時間」という枠組みがユルユルになっちゃうんです。

これは、みなさんが「時間の中にいる」と思っている次元は、みなさんの中でいうところのほぼ肉体の波動領域だからです。
それより上にある波動領域は、その枠組みから出ちゃっているので…なので、波動を上げることを意図していると必然的に時間の流れかたも変わってしまいます。

その状態のまま波動を上げ続けてください。
波動は「保つ」ということがとても難しいので、上げるか下げるか、という判断になります。
下がったら、上げる、ということを繰り返していてください。

だんだん「時間」という枠組みがなくても、うまく生活できるようになります…!

「えええ〜!」って感じですよね。(笑)

極端にいうと「今」しかなくその「今」が永遠に続いていく感覚、そして、今まで「現実」だと思っていたものは実は過去や未来の記憶に基づく虚構に感じられるようになっていく…(遠のいていく)。存在自体が変化しているように感じるのです。

最初は戸惑いますよね。

混乱すると思います。

一つずつ説明していきますね。

過去のことが遠い昔のように感じられるというのは、波動領域が移行するとよく起こることです。
移行前の波動は、思い出しにくいからです。(上げるにしても下げるにしても。)

もちろん、こっからここまで、という区切りのようなものはないんですけど、波動領域には、なんとなくまとまりがあるんですね。(虹の色が境目がないけれど、赤・黄・緑などと色の区別がつくことと似ています。)

そのまとまりをまたぐと、もう「生まれ変わった」状態なんです。(肉体はそのままなんですけど)
なので、かつての波動領域が「前世」みたいな感じになって、すごく昔に感じます。

そして現実として実感が持てる過去は、波動が上がっていくと、いい思い出ばかりになります。
どんなに不幸だと感じる過去であっても、それはリアリティを持って思い出すことができません。
みなさんは多重的な存在ですから「波動が高い自分」は常に同時に存在していました。
そうすると、「今」の波動領域と同じところにフォーカスしやすくなるのです。

それと、未来については、何も考えられなくなります。
少し波動が下がってくると「ああしたい」「今後も大丈夫だろうか」など、色々な思いが出てくることがありますが上げると思い悩めなくなってきて「大丈夫だろうな〜」というだけになってくる。

また、波動が上がると集中力も上がるので、時間の中で処理できる情報が増えるんです。

例えば、交通事故似合った人がよく「全てがスローモーションに見えて、次にどういう行動をすればいいのかが全てわかった」と言っている例がありますね。
あれは、命の危機に瀕して、波動コントロール力が爆発してしまった状態なんです。
生命の神秘ですね。実は周りにいるたくさんの高次元の存在がワッと力を貸しているのですが…まぁそれも含めて自分ですからね。(「運も実力のうち」です。)

極端にいうと波動が上がるとずっとその状態なんです。
例えば目の前に何か問題が起きたとして、その状態がよく観察できて、次にどうすればいいかがはっきり「わかる」という状態(インスピレーション=理解)の連続になります。
そうすると時間の流れがゆっくりになります。

あなたの身に起こっていることはこういうことです。
なんら不思議なことでも、怖いことでもありませんので安心してください。

ただ、慣れてない、という意味で、すごく不安定な時期です。

さっきの虹の例えでいう、色が変わった時のような感じだと思ってください。
今の色あたりで定着するまで、心身が負担を感じています。
特に肉体や、低次元の自分が戸惑ってしまう。
それまでは低次元の自分が主導権を握っていたのが、高次元の自分に近づくにつれ、主導権を手放していくという感じなんです。
矛盾するようですが「波動をコントロール」し始めると「コントロール感がなくなったような」感じがするのです。このコントロール感というのは「ああすれば、こうなる」と予測する感覚で、例えばカレンダーを見て「あと何日だ」とか「これで1年だ」とか確認しながら生きる感覚。低次元の自分はその万能感によって「人生を運営してきた
」という自負があります。

それがなくなっていくことはとても心細いことなんです。
そのように不安がる、肉体や低次元の自分への労り・慈しみの気持ちを忘れずに過ごすことが大切です。

もちろん波動を上げることをやめてしまったら勿体無いので上げることは続けつつも、なるべく「やるべきこと」や「追われること」からは距離を置いて、のんびり、意図的にぼーっと、たまには体を横にしたりしてください。

あなたはよく頑張りました。
これからは新しいやり方で、生きていきましょう。

それが定着するまでは、意図的にゆっくり過ごしてください。

ありがとうございました。


よかったら下の❤️ボタンを押していただけると励みになります。
ブログへのコメントは通信箱へどうぞ。

Author

エネルギー治療者、ヒーラー&カウンセラーのみくです。大磯町のサロンにて、個人セッションを提供しています。read more