危険な除霊と安全な除霊

質問です。
先日、霊能者のYoutubeを見ていたら悪霊にも雑魚キャラとラスボスのように色々な強さがあって、強い悪霊だと憑かれている本人や除霊する霊能者などが取り殺されてしまうこともあるので、除霊はとても危険だと言っていました。また、マッサージ師などの施術者が、お客さんから悪霊をもらって(?)死んでしまったという話も見たことがあります。
悪霊はそんなに危険なものなんでしょうか?また、そんなことってよくある話なんでしょうか?

こんにちは。
ご質問をありがとうございます。
私が見ている限りですが、除霊については2通りありまして、自分が霊と次元を合わせて除霊する場合と、自分の次元は変えないまま除霊する場合があります。
前者は危険です。
なぜかというと、霊からその人が見えるからです。
次元が違うと、霊からその人は見えません。
しかし次元が高いところからは、人は霊を見たり感じたりすることができるんです。
(次元が高い方は、因果法則を理解する力が高いということですので、何が起こっているかを見れるのです。この場合、認識できる霊は悪霊だけではなく、神々なども認識します。)
これは何も霊に限った話ではなくて(人間も霊体っちゃ霊体ですから)次元の低い相手は、次元の高い相手に何が起こってるかは理解できませんが、次元の高い相手は、次元の低い相手に何が起こっているのか的確に理解することができるんです。
しかし、次元の低い相手を理解する方法として、相手と全く同じ次元に降りていって同じ精神状態(波動)を味わうことしかない、と思ってしまっているのです。
これだと、理解したい相手が低次元になればなるほど危険なのは当然ではないでしょうか?
(除霊だけではなく対人援助職などは、波動のコントロールを知らないと同じような危険のある職業です。)
ではなぜ、危険な前者の除霊のやり方ばかりが主流(?)なのかと言いますと【次元を合わせると”霊が見える”=霊能力】だと思われているからです。
次元を上げると、霊が見えなくなってしまう(解像度が下がってしまうというか?他人事の感じ)ので、霊能力がなくなった!ということになってしまうのです。
でも、それでは彼らが仕事道具を失った感覚になってしまいますので、なかなか次元を上げた状態で除霊するやり方が主流にならないんです。
(伝統的なシャーマンなどは、やり方を独自に継承している場合もあります。)
実際に、次元を上げると霊の見え方や感じ方は変わります。
そして、必要がない人は霊を見たり感じたりすることがなくなります(その方が自分の人生を生きられる場合)今霊能者と言われている人たちは、大抵は見ない方が幸せに生きれる方達で、それを仕事にするべきではないとも言えるでしょう。
逆に波動を上げて、次元を上げていくと霊が見える(というより、目に見えない領域で何が起こっているのかがわかる)ようになる人もいるのです。
そのような人は、それが仕事ですので、頑張って人を助けてあげてください。
自由意志の使い方(波動コントロール)についての情報は、数千年以上伝わってこなかったものなのです。
なので波動を同調させることばかりに目がいってしまったように思います。以前お話しした六条御息所のお話でも言いましたけど、あれは同じ次元にいるから成立する呪いなんですね。
もし葵の上が、もっと自由な精神の持ち主であれば(時代を考えると難しいことですが)あのようなことにはならなかったのです。
なので、そもそも「誰か取り殺すほどのネガティブな波動」というものと同調しないようにすればいいんです。
しかし除霊と言われているものが、相手に合わせた次元に自分の波動を変えて「説得する」というものならば、それは相手の怒りや恨みを刺激するだけでしょう。とても危険です。
同じ「説得」でも、次元が違えば、低次元の存在からは見えませんので説得力が違うんです。
例えば姿形が見えない、けれど嫌な、自分を照らす太陽の光を感じる。その光が「あっちに行きなさい!」と慈しみを持って自分に語りかけてくる。
説得というよりは、「それがお互いのためだ」という確信を持って、自分がリードするのです。
大抵の低次元の生命ならこの時点で、反射的に離れてしまいます。近づくことができないといったほうが正しいでしょうか…。その光の中で感情の浄化を味わい、素直になってしまう場合もあります(暴れていた大きなカオナシが、おとなしい半透明なカオナシになる感じ)それは少し感情の浄化にお付き合いする時間が必要ですね。あなたが波動を上げれば上げるほど、その時間は少なくなります。
悪霊に影響されなくなる1番の方法は、悪霊から見えなくなることです。
波動を高く保ち、除霊の時ほど高く保とうとするべきです。
そうした結果「自分が離れる、手出しするべきではない」というふうにインスピレーションがあったのならそうすべきで「手伝ってあげましょう」と思えば手伝うべきです。
そして除霊とは、相手への説得だけでは意味がありません。
同時に、憑かれた本人の波動を上げる手伝いをすべきです。
「私が除霊してあげる」だと相手の依存心は減らず波動は上がりません。
「あなたが頑張って波動をあげる。私も遠くから手伝うし、何かあったら助けるから安心してやって。」
それがシャーマンとしての仕事です。
相手の波動が低いまま除霊をしても何も意味がないでしょう?(すぐ違うのが憑くだけで)
その都度除霊されたのでは、悪霊からしてもいい迷惑です。呼んでおいて、「出ていけ」と怒られる(笑)
悪霊だって一生懸命生きている生命なのですから、しっかり彼らは彼らの寿命を全うできるように、触らないでいるべきなのです。
しかし波動領域の変え方がわからないと「触らないでいる」ということの理解もできませんね。
なので、無用な憑依とそれに伴う危険な除霊が多いのだと思います。
そもそも触った方に責任があります。人間の方が強いのですから。そして、霊に殺されるということがあったとしても、波動上では本人の合意があるのであまり深く考えないでいいのです。
みなさんは生きた人間で、自由意志をもつ唯一の生命なのに、それを理解しないのはもったいないと思います。
もちろん、それは教わっていない隠されている情報なので当然なのですが…。それと、わかってしまうと自己責任が発生するので「わからないでいる」という選択をする自由もありますが。そのような方はそもそも私の情報に価値を感じないので、ここにいる読者の方は人間の尊厳を取り戻そうとしている方々だと思ってお話をしています。
大切なのは波動の理解です。
自分が波動をコントロールすることができる、そしてそれは知識としてではなく、実際に「できる」ということを、思い出していただきたいと思います。(やり方についてはこちら
ありがとうございました。


よかったら下の❤️ボタンを押していただけると励みになります。
ブログへのコメントは通信箱へどうぞ。

Author

エネルギー治療者、ヒーラー&カウンセラーのみくです。大磯町のサロンにて、個人セッションを提供しています。read more