久々にアシュタール

こんにちは。湘南・二宮のヒーラー・カウンセラー Micu(みく)です。

久々にアシュタールからの言葉をお伝えします!

ーーー

「みなさん、こんにちは。お久しぶりです。

今、時代が大きく動いています。

大丈夫です、心配しないでください。

それどころじゃない状況や変化に陥っている人もいるでしょう。

それは当然なことです。

自然なことです。

変化は大きければ大きいほど、あなた自身が「気づくべきだ」と感じたということです。

それが一見ネガティブなことのように見えるかもしれませんが、心配ありません。

情報を遮断しても良いのです。

みなさんは情報を取り入れすぎの傾向があります。

例えば「調べる」「知る」ことで命の危険を回避できるような気分になっていませんか?

それは、そうではないのです。

みなさんは情報を遮断すると言っても山奥にこもって一人で修行しているわけではないのですから、必要な情報は全て目に入るようになっています。

興味あることや、楽しいと思えることなら良いのですが、そうじゃない危機意識のようなものは必要ないのです。

情報をデトックスしてください。

それよりもご自身らしい時間を過ごしてください。

ゆっくり料理を作るとか。

植物を植えるとか、お茶を飲むとか。

頭の中を「お花畑」にしてください。

そうすれば自然と必要な情報は手に入るでしょう。

こうして私のメッセージを読んでいるように。

人間は完璧ではありません。

だから今善意でさまざまな情報が飛び交っていますが、実際のところ事実とは異なっていたり、またその方の無自覚な不安や恐怖から来るものであったり、色々です。

一人一人が悪いわけではないのですが、あまりにも多くの情報が発信されているのです。

しかし情報というのも、実は人によって必要な情報が違うのですね。

良い、悪い、ではなく、違うのです。

例えばワクチンを打って具合が悪くなってしまった人は、切実にワクチンについての情報を探すでしょう?

しかし、まあそれも良いのですが、それより具合が悪いのですから、ゆっくり休んでほしいと私は思うのです。

仕事がなくなったらどうしようとか、色々な不安があるとは思いますが、そうではなくて、とにかく体の不調はどんな原因であれ(事故であれなんであれ)「ちょっと待った、もう限界です。生き方を変えてください」のサインなのです。

今みなさんの身に起こっている一見ネガティブに思えることは全て、なんであれ「生き方を変えてください」のサインなんです。

例えば今、気圧や気温が不安定で体調が悪い、自律神経が弱い人がいるとします。

それは「もう自分に優しい生き方に変えてください。そうしても大丈夫ですよ。」というサインだと思っていただければと思います。

「自律神経を強くする方法」を検索するとか、そういう情報を取り入れることではなしにです。

あらゆる問題や、課題は非常にポジティブなメッセージを帯びています。

癌になったとか、死にかけたとか、そういう嫌なことであってもそうなのです。

「生き方を変えても大丈夫ですよ」というメッセージです。

しかし人は生き方を変えたくないので、あまりそういうことは考えたくないんですね。

そして、課題や問題について情報を調べたりして、消耗してしまうのです。

そうではなくて、ご自身との対話の時間を増やしてください。

ゆっくりお風呂に浸かって。

好きなアロマを焚いて。

外側にばかり情報を求めるのではなく、自分自身の内側から聞こえてくる声を聞いてほしいのです。

そうしてふと「調べてみようかな」と思ったことだけを調べれば良いのです。

外側の世界は大丈夫です。

乱世において必要なのは情報収集ではなく、自分と向き合う力なのです。

みなさんには乱世において各々重要な役割があります。

それは「カレーを食べる」ことかもしれません。

それは「子供とゲームをする」ことかもしれません。

その役割を果たしていれば、不思議な安心感に包まれて、色々な問題や課題が解決するのです。

その役割は、インターネットには書いてありません。テレビには書いてありません。雑誌には書いてありません。あなたしか知らないのです。

みなさん、心の平安を追求してください。

それが今一番大切なことです。どうするべきか、を瞬時に判断する判断力は、情報を取り入れることで生まれるわけではなく、ご自身と対話する力をつけることで、生まれるのです。

みなさんの心の平安を祈っています。

ありがとうございました。」


よかったら下の❤️ボタンを押していただけると励みになります。
ブログへのコメントは通信箱へどうぞ。

Author

エネルギー治療者、ヒーラー&カウンセラーのみくです。大磯町のサロンにて、個人セッションを提供しています。read more