限界まで頑張りすぎてしまった時にヒーリングを受けると

限界まで頑張りすぎてしまった時にヒーリングを受けると、虚脱状態になってしまうことがあります。

本来は「疲れを感じる」というのが自然な状態なんですけど、頑張りすぎている時は、それを感じないようにしている部分があるからなんです。

感じないようにするために「緊張」しているのです。

ヒーリングは緊張をとるので、反動で虚脱状態になってしまう。

そして実は限界まで頑張りすぎている時っていうのは、人生の方向性を修正する必要がある時なんです。

限界まで頑張らないと上手くいかないのは「ヘン」だからです。

何に頑張っているかというと「感じない」ことを頑張っているのです。

そこにエネルギーを持っていかれてしまうので、休む時間があっても休むことができないんですね。

それでどんどん疲れが溜まっていってしまう。

疲れがたまることは非常に「正しい」のです。

そして疲れの正体は、実は「忙しいから」「休む暇がないから」じゃないんです。

「我慢しているから」です。

何を我慢しているのかというと「自分らしく、楽に生きること」を我慢しているのです。

だからヒーリングを受けて虚脱状態なる人は、めちゃくちゃ我慢して頑張っているのですね。

しかし一旦、虚脱状態になれば、自然と、修正が起こります。

元気になりたいと思ってヒーリングしているのに、どんどん動けなくなっていくってことがあるということです。

仕組みを説明しますと、ヒーリングとはどんな時でも「本来の状態に戻す」という目的で行うからです。

本来感じているものを感じる。

本来持っているリソース(その人の、才能などの資源のこと)を使えるようにする。

本来明るい人ならば、どんどん明るくなります。

本来暗い人ならば、どんどん暗くなります(無理に明るく振る舞っていた部分が取れるということです。そんなことしなくても、上手くいくのだから。)

無理しているのなら「もう無理!もう頑張れない!」という状態になります。

いや〜。

それで、虚脱状態の時は無理に動こうと思っても動けなかったりしますから、無理しなくていいんです。

自然と、「もーこれはやめる!」とか「ここをこうする!」とか、身体が動くと思います。

それは頭で描いているようなことじゃないので「どっひゃー」となることがありますが、それも無理に受け入れる必要はなくて、「そっちなんだ、そっちの方向なんだ」と理解するだけでOKです。

全ては生き方の問題です。

全てはその人の「命の使い方」の問題です。

病気や症状が悪なのではありません。

そしてその命の使い方を知っているのは、ご自身だけなんです。

奇跡って簡単なんです。

奇跡は、その人の命の使い方を、本来の使い方に戻せば自然と起こります。

単純に、ずーっと「奇跡」なんですよ。本来は。

本来の生き方に近づくと、別に病気があったって、症状があったって「いーや」って気持ちになります。でも、本来の生き方から離れていくと「なんだかとっても苦しいよー!」ってなってしまい、それを病気のせいにしたり、症状のせいにしたりしてしまうだけなんです。

命の使い方を真面目に考えなきゃいけない時代が来ましたね。

私は毎日「どっひゃー」って言っています。笑

私の命の使い方が、本来のものに戻っていくから。

みんなの命の使い方も、どんどん本来のものに戻してしまうよ。

人間は、すごいね!


よかったら下の❤️ボタンを押していただけると励みになります。
ブログへのコメントは通信箱へどうぞ。

Author

エネルギー治療者、ヒーラー&カウンセラーのみくです。大磯町のサロンにて、個人セッションを提供しています。read more