緊張感が足りないの?

こんにちは、みくです。

この社会ではよく
「緊張感が足りない!」
といわれますよね。

しかし以前お伝えした通り、「緊張」は、心の傷の正体なのです。

緊張感が足りない!という場面はありません。

絶対に。

だって「心の傷が必要」な場面なんてあります?

緊張感というのは何かというと神経系の凍りつきです。

神経系が凍りついていいことはありますか?

例えば、火事だ!逃げろ!と思った時に神経系を凍りつかせますか?(笑)

罠なんです。

必要なのは緊張ではなくて注意です。

つまり集中力ですね。

例えば、車の運転など。

ミスったらやばいですよね。

じゃあ緊張感が足りないと事故になりますか?

怖い!って緊張した方がいいでしょうか?

ノーノーです。

必要なのは注意なんです。

注意力というのは、緊張してると出てきません

それは、集中力のことだからです。
つまり注意というのはリラックスということなんです。

注意が足りないのは、リラックスが足りないという意味です

そして、緊張感が足りない!というのは、注意が足りない!という意味でつかわれますから。

緊張感が足りない=もっとリラックスしろ

なんです(笑)

言葉の汚染です。

笑っちゃうよね。

だからあなたが何かミスをしたり、失敗したら
緊張感が足りない!
と思うのではなく
リラックスが足りなかった!
と思った方が良いの。

そんでリラックスを作る方法は
損切りだよーん!

戦争や虐待による心の傷も
これと同じ原理で治せるよーん!

今これを書いてる私、
衝撃すぎて、
呆然としていまーす!


よかったら❤️を押していただけると励みになります。

【損切りのやり方】2月中にレクチャー会の内容を全編無料公開予定。現在原稿作成中につきしばしお待ちくださいませ。

👉 みくに相談する💝
👉 みくをサポートする🎁

コメントを残す